FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の名前で出ています

DSC01024.jpg

お知り合いのM男性が亡くなりました。
彼にはりえさんとその一味の旅行の送迎
おやじまかない料理
そのほか雑用
そして手先が器用だったので、鞭を作って
もらったこともあったな。
まあ、思い返せばいろいろな思い出があります。

そして
いつも思うことは、人はいつ死ぬかわからないから
毎日を後悔なく生きなければならないよな

ということです。

gacyan.jpg

最近こんなことばかり書くのは
人を拷問したり痛めつけたり説教したり
人のありとあらゆる醜態や
捨てきれぬみじめな欲望をみるにつけても
それはその人の「生きている証」であり
それ以上でも、それ以下でもない
「その人そのものなのだ」ということです。

ただ、いつ死ぬかなんて本人も予測できないものだから
いつ死んでもいいように、身の回りの整理はしておいた
ほうがいいということです。例えば

家族に見られてはこまる「大量のSM雑誌・ビデオ類」とか
家族に見られてはこまる「ファッキング・マシーン」とか
家族に見られてはこまる「こぶし大のでかいディルド」とか
家族に見られてはこまる「いやらしい巨大なペニスバンド」とか
家族に見られてはこまる「ゴッツイ鞭一式」とか
そのた諸々

あなたがもし突然死したとして、家族が「もう49日もすぎたし
パパの遺品整理でもしようね」とパパのドギツイ遺品をみる
なんてことにならないように注意しましょう。娘にそれを見られた
としたら確実に嫌われるでしょう。ケツの穴がガバガバの
パパなんてだいっきらい!!!と。
死して生き恥を晒さぬよう。

unnamed (36)

ところで、「いい死に方」とは何でしょうか?

生前みんなに嫌がらせをしたり迷惑かけたりしたとしても
それはその人の「ほんの一部」であり
ほんとうに一生懸命人のために生きている部分がすこしでも
あるとしたら、たいてい残された人々は
「たまにムカツクときもあったけど、なんかいい人だったよねえ」
と思うはずだし、そこにすこしでも笑いがあったとしたら、その人は
大往生なのではないでしょうか。

亡くなったあとでも、たまに思い出されてその人の話題になり
残されたみんなはゲラゲラ笑っている

それが、その人の「生きた証」なんじゃないかな。





そういえば、彼の車でかかっていた曲をおもいだした。
小林旭の「昔の名前で出ています」
これをかけて車の中でよく替え歌を歌ってましたね。
これ、M男の心情だそうです。
みなさんも共感できるのでは?
流れおんなの最後の止まり木に
止まってほしい女王様がいたのね。彼は。

さいごにお聴きください。
合掌







スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Comments - 5

彩月(あやつき)

保礼 翔さん。

死んでから残したもので、家族に見られては困るもの・・
私も考えると意外とたくさんありますよね。
鞭とかドス黒いあやしいローソク(しかも大量)とか
絶対外では履かないだろう膝上のエナメルロングブーツとか
絶対普段着れないであろうヒワイなエナメルボンテージとか
大量のおそろしい鞭とか ペニスバンドとか・・
考えてみると、私も簡単には死ねないわね。笑

2017-06-24 (Sat) 07:24 | EDIT | REPLY |   

彩月(あやつき)

もやしくん。

生きていると鈍感になり、わかりづらいのですが
死は意外と身近です。先日小林麻央さんも亡くなりましたが
寿命というのは遅かれ早かれ決まっているものです。
その限られた人生を全うしたいものですね。

2017-06-24 (Sat) 07:21 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-06-19 (Mon) 02:01 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-06-17 (Sat) 07:56 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-06-16 (Fri) 23:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。