FC2ブログ

返らぬむかし。

あゝ遣瀬なき追憶の是非もなや。
衰へ疲れし空に鵯(ひよどり)の飛ぶ秋、
風戦(そよ)ぎて黄ばみし林に、
ものうき日光(ひかげ)漏れ落つる時なりき。

胸の思ひと髪の毛を吹く風になびかして、
唯二人君と我とは夢み夢みて歩みけり。
閃く目容(まなざし)は突とわが方にそゝがれて、
輝く黄金の声は云ふ「君が世の美しき日の限りいかなりし」と。

打顫(うちふる)ふ鈴の音のごと爽やかに響きは深く優しき声よ。
この声に答へしは心怯(こころおく)れし微笑にて、
われ真心の限り白き君が手に吻(くち)づけぬ。

あゝ、咲く初花の薫りはいかに。
優しき囁きに愛する人の口より漏るゝ
「然り」と頷付(うなづ)く初めての声。あゝ其の響はいかに。


「Never More」 Paul Verlaine 
永井荷風訳

ayaike1.jpg

アルチュール・ランボーとポール・ヴェルレーヌの詩は
永井荷風訳が好きです。
この詩は「返らぬむかし」というタイトルがついています。

今を生き続けるかぎり、むかしは返ってこない。
しかし、きっと思い出にはなるのでしょう。
良い思いでにするもしないも自分次第なのかもしれない。

人はそれを「夢みがち」だと云うけれど、
人生にはロマンチシズムが必要で、それはきっと
追いかけても追いかけても逃げてゆく
月のようなもの。
永遠に手に入れることはできないのでしょうね。

でも、暗闇のなかに光を見出すことはできます。
人はそれを「感動」と云うのでしょう。
生きているかぎり、感動を忘れてはいけませんね。





写真はいつもの、飯田橋博士
ロマンチシズムあふれる、ただのスケベなおっさん。

スポンサーサイト
[PR]

Comments 17

彩月(あやつき)

ガスさん。

日本には言霊(ことだま)という言葉があります。
すべての言葉には、魂が宿っているということです。
ですから、日本人はひとつひとつの言葉を大切に扱います。
今はあまりそのような習慣は薄れましたが、昔の日本人は
言霊をとても大切にしていました。

ですから、名前には大きな意味があるのだと思います。
とても大切なものなのです。

セッションは特殊なものですから、みなさん仮面をつけて
おられます。私も同様です。
そうでないときは、それなりの意味があるのだと考えます。
ランボーの誕生日は過ぎてしまいました。

2014-10-22 (Wed) 23:05 | EDIT | REPLY |   

彩月(あやつき)

うじ虫野郎。

コメント欄に、いつもうじ虫野郎と書くたびに笑ってしまう。
うじ虫野郎はきっと一般社会ではいろんな人々に慕われ、尊敬されている方でしょうに。
まあ、私はうじ虫野郎の側面しか知りませんけれど・・。笑
うじ虫野郎の欲求を満たせてこその人格者なのだと、お察しいたしますわ。
黄金画像は倫理上、掲載はできませんね・・残念ながら。地獄のうじ虫プレーを
みんなに見せたいのはやまやまですが、二人の秘密にしておきましょう。

2014-10-22 (Wed) 22:57 | EDIT | REPLY |   

彩月(あやつき)

口だけ豚番長。

SMを中途半端にかじっていたり、もしくはSMを知らない人たちは、
「SMなんて、ほんとうに痛いことはしないんでしょ?」なんて言うのです。
いつか豚の恐怖の一本鞭拷問サーカスシーンを披露できたらいいわね。
サーカスでみるようなあの2メートルもあるような、ぴかぴか光った
カンガルー皮の鞭で強打されている白い豚をみたら、きっと震え上がるわよ!

2014-10-22 (Wed) 22:50 | EDIT | REPLY |   

彩月(あやつき)

星を追うものさん。

こちらこそ、先日はどうもありがとうございました。
ゲランのナエマの薫りが印象強く残る夜・・
とても楽しい時間をありがとうございました。
幻想ポロネーズは月夜の狂気を思い起こさせますね。

2014-10-22 (Wed) 22:45 | EDIT | REPLY |   

彩月(あやつき)

浅間氏子さん。

私はきっと男性ホルモンが多いのでしょうね・・。

2014-10-22 (Wed) 22:41 | EDIT | REPLY |   

彩月(あやつき)

せんちゃん。

こんにちは。そういえば、せんちゃんもロマンチストでしたね。
日本の発展のためにがんばってくださいね。
またお逢いできることを楽しみに・・。

2014-10-22 (Wed) 22:39 | EDIT | REPLY |   

彩月(あやつき)

みんみん。

おひさしぶりー!お元気ですか?
私は永井荷風先生の『珊瑚集』をよく眺めております。

2014-10-22 (Wed) 22:37 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-10-22 (Wed) 17:55 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-10-21 (Tue) 20:14 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-10-21 (Tue) 19:33 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-10-19 (Sun) 14:38 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-10-18 (Sat) 11:39 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-10-14 (Tue) 00:34 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-10-13 (Mon) 17:50 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-10-13 (Mon) 02:12 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-10-10 (Fri) 07:08 | EDIT | REPLY |   

みんみん

僕もアルチュール・ランボーの詩は
永井荷風訳が好きです。でも手に入らないですね。岩波文庫のフランス名詩選にあったと思いますが、これがあまり売ってないですね。

2014-10-09 (Thu) 15:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply