FC2ブログ

願はくは花のもとにて春死なむ。

『願はくは花のもとにて春死なむ その如月の望月の頃』
--西行法師

ayaw011.jpg


西行法師は花と月を愛した歌人であるが

ただの人間くさいおっさんだ

祖先が藤原鎌足という裕福な武家の家系にうまれ

文武両道、美形で優秀

そのうえ華やかな将来を約束された身分であったが

己の心の弱さ

友人の死

皇位継承をめぐる政争への失望

鳥羽院の妃・待賢門院にフラれてハートブレイク

この世の無常や失望

あまりの苦しみにクルクルパーになり

妻子を捨てて出家した

さらに出家してからも

長きにわたる己の心の迷いに苦しんだ

つまり

人の世を捨てたが

人恋しさに苦しんだ




人は苦しみからは逃げられない

人はひとつの苦しみが解消すれば

また別の苦しみを探す能力に長けているから

苦しみ

ってなんだろう

身を切り刻まれるほどの苦しみ

七転八倒

こんなに苦しいのなら

眠ったまま起きなければいい

とさえ思うが

また同じ朝がやってくる

ここは地獄か?

と思うけれど

きっと同じようなものだろう

プギャー





ただひとついえることは

生き物はこの世に生まれ出て

いつか死ぬ

生き物は死にむかって確実に生きている

テロメアの分裂が限界に達したとき

生き物は死ぬ

ただそれだけなんだ



プギャー


m9(^Д^)







『世を捨つる人はまことに捨つるかは 捨てぬ人をぞ捨つるとはいふ』
(出家した人は悟りや救いを求めており本当に世を捨てたとは言えない。
 出家しない人こそ自分を捨てているのだ)

shindafurii.jpg

メメント・モリ

死を忘れるな

この命尽きるまで

読んでくださってどうもありがとう

今日もいちにちがんばりましょうね


スポンサーサイト
[PR]

Comments 2

彩月(あやつき)

ミートバーくん。

> 彩月様、私の様な毒キノコに取りつかれた変態でも死を迎えた時に、泣いて下さる方はおられるのでしょうか?
しりません。

2013-03-03 (Sun) 10:23 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-03-02 (Sat) 16:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply