FC2ブログ

くれあさんとの思いで

出逢いがあれば別れあり・・

というのはいつの世も避けて通ることのできない
事実でございますね

くれあさんといえばとても勉強家で
つねに本を5~6冊持ち歩いているお嬢さん

というイメージがあります。

くれあささんと歩いていると
男性諸君が振り返ります。

それにくわえ
暇さえあれば読書されているかたですから
「麗しき女子大生(妖精系)」という表現がピッタリでしょう。

出勤時間がなかなか合わなかったのですが
次にお逢いするときにはまったく別の本を
たくさん持ち歩いていて

くれあさんって、速読でもできるのだろうか?!

なーんて思っていたこともありました。
それぐらいの速さで読破していましたね

本の知識が己の血となり肉となる・・

ってタイプですかね。
専門家や研究者に多いタイプの変態ですね(失礼)

彼女の読む本のジャンルは語学から専門書まで
それこそさまざまなのでしょうが

「彩月サマ、これ面白いですよ
って見せてくれたのが

「魔女になるための本」ですかね笑。
今でいう錬金術師のことかしら。

私もその手の本を読み漁っていたことがあります。
西洋では錬金術師だったら、東洋では陰陽師とかね。
そんな、摩訶不思議なもの。

そういえば

「わたくし、本物の魔女になるために
ラ・シオラドミナスクールに入学したんですよ

って言ってましたね。

くれあさんに、いつだったか
手料理をご馳走したことがあるのですが
そのときも

朝霧リエさん(うちらのボス)のことを

「本物の魔女」と表現していました。
彼女の憧れだったのでしょう。

くれあさんの虜になってしまったエム男性も
たくさんいたのでは?

彼らは、くれあさんの素敵な魔法にかかっちゃったのでしょうね~

私はくれあさんが去ってからも彼女のことを
考えるでしょう。

「ここには、確かにひとりの魔女がいた

ってね

ともあれ、ご卒業おめでとうございます
くれあサマ!

12月いっぱいはいろんなエム男性に
魔法をかけまくって?くださいね~
スポンサーサイト
[PR]