FC2ブログ
月別アーカイブ  [ 2010年04月 ] 

ぐるぐるカードと人間観察マゾ

guruguru.jpg

とある、高層のホテルに彼は居た。
カーテンを開けると、窓から美しい庭園がみえる。
私は初対面である彼を観察する。
まずは外見。
髪を小奇麗に整え、仕立てのよいスーツに身を包み
清涼感のある香りを漂わせている。
ひとつひとつ、よく考えたうえでの発言。
独特のペース。
それから、指が美しい。
男性によくあるようなゴツゴツとしたそれではなく
しなやかな指先。でも、骨は男性的で強いような。

そんな彼は、
「ボクは女王様とお話ししているだけでもいいのです。」
と、言う。
物静かに、だけれど自分の言葉で話そうと
適切な言葉を見つける彼。
私は、じっと彼に耳を傾けていた。
そんな彼が突然、こう言う。

「じつは、彩月さんやっていただきたいものがあるのです。」

彼はおもむろにスーツの内ポケットをまさぐると、
トランプのようなカードケースを取り出すではないか。
そこにはこう書かれてあった。

「ぐるぐるカード」。

私は予想していなかった展開に、しばし固まる。
こんな切り込みをしてくる人は初めてだったから。


なんぞ?

という言葉が何度も脳を巡るが、あくまで表情はにこやかに。
(今にもウサギに変身しそう。)

「これは心理ゲームみたいなものです。このカードで
彩月さんの性格がわかるのです。」

そう言って25枚ほどあるカードを広げる。

どうやらよく聞いてみると、彼は「人間そのもの」に興味がある様子。
そういう意味では私と一緒なのでしょうが。

私は
ポーカーフェイスで、何でも自分で決めるタイプで
オープンマインドらしい。

反対に
素直で従順ではないらしい。

そんなワケで、
いつもは私がM男性を「解体」するのですが
今日は私が「解体」されちゃいましたよ。

「あなたはいったい、どういう人なの?」

っていつもは「突っ込む」方だけど、
反対に「突っ込まれる」と、ニガテなんだな~

だってなんだか、自分のことを聞かれるのはテレくさい。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


[タグ未指定]
[ 2010/04/30 22:22 ] 日記 | TB(-) | CM(4)
カウンタ*
profile*

彩月(あやつき)

Author:彩月(あやつき)
新宿SMクラブ【ラシオラ】に
所属しているドミナです。

※このブログは、風俗店(SMクラブ)のページです。セクシュアルな表現および暴力的、グロテスクな表現を含みます。18歳未満の方はご覧いただけません。



すきな人・もの:
塚本邦雄(歌人)、高村光太郎(小説家)、太宰治(小説家)、月岡芳年(浮世絵師)、鏑木清方(浮世絵師)、曾我蕭白(浮世絵師)、棟方志功(板画家)、手塚治虫(漫画家)、シェル・シルヴァスタイン(絵本作家)、近松門左衛門(浄瑠璃・歌舞伎狂言作者)、老子(中国哲学者)、南方熊楠(生物学者)、フジコ・へミング(ピアニスト)、芥川龍之介(小説家)、江戸川乱歩(小説家)、クロード・アシル・ドビュッシー(ピアニスト)、グスタフ・クリムト(画家)、ジャン・ニコラ・アルチュール・ランボー(詩人)、カート・ドナルド・コバーン(ミュージシャン)、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(詩人)、荒木経惟(写真家)、シャルル・マルタン・エミール・ガレ(ガラス工芸家)、ルドルフ・シュタイナー(神秘思想家)、フレディ・マーキュリー(ミュージシャン)、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(作曲家)、The back horn(ロック・JPN)、人間椅子(ロック・JPN)、Metallica(スラッシュメタル・USA)、西村博之(実業家)。レスリー・キー(写真家)。津田大介(ジャーナリスト)。宮崎哲弥(評論家)。ほりえもん(実業家)。加藤諦三(社会学者)。爆笑問題(芸人)。にんにく。キムチ。わさび。酒盗。チャンジャ。くさや。バルサミコ酢。うに。辛口シャンパン。めんたいこ。


セッションのご予約はこちらへ↓
03-6380-6568



☆毎週(木・土・日)

☆受付時間
15時~21時最終受付け

☆お友達リンク☆

足フェチサイトまたたび


日本最強のSMランキング

SM経験者が語る無料情報サイト


Mちゃんねる


SUKEBAN KICK


マゾヒズムに花束を!


和ルイ子さんのブログ
abana.gif


当サイトのバナー
abana.gif

リンクフリーです。
バナーはダウンロードでご使用
お願いします。

SMブログアクセスランキング*
[ジャンルランキング]
アダルト
1718位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
45位
アクセスランキングを見る>>


カテゴリ*
ボクは 生きていたかった*
もばいる「正述心緒」*
QR