FC2ブログ

うさぎ女と地獄行き(2)

別の部屋から連れて来られた女は、何か見覚えのある女だった。
歳のころ30くらい、頭にうさぎの耳をつけ、ボンテージルックに
ニーハイブーツ。そんな女が麻縄で後ろ手縛りをされ、口にはギャグボールが
きっちりとはめられていた。
「このうさぎ女に見覚えがあるな。」と閻魔大王は言った。

「うーうー!」うさぎ女は何か言いたげだった。
しかし、閻魔大王は
「このうさぎ女は口から人を惑わす妖術を使うので、こうして猿ぐつわをしておる。」
と言う。
「貴様はわしの問いだけに、答えればよい。いいな。
 もう一度聞く。このうさぎ女に見覚えがあるな。」

俺は死んでから現生での記憶が薄れたのか、思いだすのに多少の時間がかかった。
しかし、その顔は忘れもしないA女王様の顔だった。
俺はSMクラブで性的欲望を解消する変態男であり、現生ではそれを多少なりとも
恥じていた。彼女はその相手をしていてくれた女だ。
恥ずかしいと同時に、懐かしくも感じた。

「あなた!!」
俺が何か言おうとすると、後ろからまたもや聞き覚えのある女の声がした。
これはしっかりわかった。
振り向くと、俺より先に他界した妻のY恵の姿があった。
「Y恵!」
と懐かしさといとおしさのあまり、駆け寄ろうとするが
青鬼と赤鬼に取りおされられた。
Y恵も数人の鬼に捕まえられて、身動きが取れないでいる。

「はやく答えないと、この女を拷問にかけるぞ。」
と閻魔大王は脅してくる。
俺は混乱した。
何で正直者で善人のY恵がこのような地獄にいるのかということだ。
本来、天国に行くべき人間が、地獄におとされたのか?
ここは正直に答えるべきなのか、それとも嘘をつくべきなのか?

「このうさぎ女は自分の排泄物を男に食べさせ、更には拷問をし、
その上で性的快楽を与えていた。このうさぎ女はこれから地獄行きなのだが、
お前は自身の答えによって、これからの行く先が決まる。わかっておるな?」
閻魔大王は俺を睨みつけた。
じょうだんじゃない!地獄に行ってたまるもんか。
それにY恵は俺のせいで、ここに連れられてきたのではないだろうな。
本来、天国に行くはずだったのに、なんて可哀想なことだ。

「知りません。こんな女には会ったことがありません。」

すると、閻魔大王と鬼共はゲラゲラ笑いだした。
地鳴りがするほどに大きい声だった。
天地が切り裂かれるような恐ろしい音が、どこからともなく鳴り響く。
何かの審判が下りたようだった。

「お前は嘘をついたな。この世界では嘘はすべてお見通しだ。
本当のことを言えば、すこしはマシだったかもしれないものを。
夫婦共々なかよく地獄へ行け。お前の妻も地獄行きだ。
お前の妻は生前、お前に隠れて浮気をしておった。しかも一回ではないぞ。
不義密通はとくに重罪。お前よりも重い罪なのである!」

a7a2e5ae-s.jpg

おわり。


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

[タグ未指定]
[ 2012/02/18 12:00 ] うさぎ女と地獄行き | TB(-) | CM(8)

うさぎ女と地獄行き(1)

tib-enma1.jpg

どうやら俺は死んだようだ。

白い棺の中に入れられた俺を取り囲んで家族が泣いている。
妹のY美。息子、それに2人の娘。孫3人。
それから俺の親友のT沢。
それぞれが皆、喪服を着ている。
どうやら俺のお通夜みたいだ。

死んだときのことはぼんやり覚えている。
病院だった。
前立腺がんの治療を受けていたが結局だめだったのだろう。
死ぬ時は死ぬんだ、と豪語していた俺もいざ死んでみると
少し悲しい。

俺の遺体にすがるように泣く娘たち。
泣いているのを見たことがない息子の涙。
そんな様子をみていると、最後に何か言っておけなかったことが
悔やまれる。

人間は生きているうちに、縁のあった人たちに対して
感謝の言葉をかけておくべきだよな、
そんなことを思うけれども、いまさら遅い。
まあ、しかし、どうもありがとう。

49日が経った。
霊的な話しが大好きだった親友のT沢によると、
死んであの世に行くときには、自分のご先祖さまが迎えに来てくれるそうだが
実際のところどうなんだろう?
しかし俺は生きている間、先祖のことを思ったことがないし
ましてや、先祖供養などしたことがない。
仏壇に手を合わせたこともないくらいなのだから
先祖のことを思うのは、せいぜい墓参りに行くときぐらいだ。

周りは暗闇だ。だんだん心細くなる。
すると遠くから光がみえてきた。
やった!何かみえるぞ?

するとその光のようなものは、徐々に俺に近づいてくる。
しかし、近づけば近づくほど、それは光ではなく炎の塊のように
見えてきた。
ん?何だあれは。
じっと、目をこらす。

馬が馬車をひいているようにもみえるが、それはなんと全て火で
おおわれている。火の馬車だ!
そして馬車の上には人間のようなものが2人乗っていて、
金色に光る目で、こちらを確認するように見ている。
しかし、それも人間ではなく青い皮膚の恐ろしい形相をした化け物だった。
前の方には、赤い皮膚の化け物が火だるまの馬を引いている。
青い鬼と赤い鬼、といったところか。
「よし!みつけたぞ。あいつだな。」

こちらに向かってくる奴らを確認すると
俺は恐怖におののき、逃げようとした。すると青い鬼が
鋭い鉄のカマを俺めがけて飛ばしてくるではないか。
ギャー!!!
俺の両足は、いとも簡単に切り取られた。
「悪いな。逃げようとする者はこうするきまりになっているのでな。」
青い鬼と赤い鬼は俺の両脇をつかみ、馬車に乗せて勢いよく元の方向へ
走りだした。

・・何だ?ここは。どうやら天国ではないようだ。
ありとあらゆるところから、人間の悲鳴が聞こえてくる。
ふと見るとさまざま色の鬼の集団が、人間を逆さまにして煮えたぎる湯の中に
つけている。
別のところでは男が逆さにくくりつけられ、股裂きにされていた。
ヒィィー!お許しくださいィー!
裂け目からは血が滴り落ちていた。
鬼共は言った。
「この男はあらゆる女を犯し、あろうことか
何度も堕胎させた冷酷非情な男である!
このような男に相応しい処刑を施してやる。」

緑の鬼はどこからか焼けて赤くなった鉄の串を持ってきて
男の尿道の中に勢いよく突っ込んだ。
男は叫び声にならない奇怪な声を発するや、だらりと失神した。

目にも当てられない状況に、身体がぶるぶる震えてきた。
自分もいずれあのような目に遭うのか。

青鬼と赤鬼は俺を縛りあげるや否や、背中を押して前に進むよう
促した。右足で一歩踏み込む。おや?脚がある。
どうやら、この世界ではどんな拷問を受けても
元に戻る仕組みがあるらしい。しかし、それは死なないことを意味する。
生かさず殺さず、永遠に拷問を受けるということか。
といってもすでに死んでいるのだが。

俺はよろめきながら、前に進んだ。すると「止まれ。」とずいぶん高いところから
響く声に動きを止めた。
それは体長4~5メートルくらいはあろうか。真っ黒い皮膚の男が椅子に腰かけ
こちらを見下ろしていた。鬼たち同様、服を着用しておらず全裸である。
炎が燃えたぎるような髪。恐ろしい形相。股間には勃起したペニス。

「わしは、閻魔大王である。」
閻魔大王か、本やインターネットで見た閻魔大王とはずいぶん違うな。
とのんきなことを思っていたら、閻魔大王は青鬼と赤鬼に向かって
「連れてまいれ。」と指示を出した。

別の部屋から連れて来られた女は、何か見覚えのある女だった。
歳のころ30くらい、頭にうさぎの耳をつけ、ボンテージルックに
ニーハイブーツ。そんな女が麻縄で後ろ手縛りをされ、口にはギャグボールが
きっちりとはめられていた。

「このうさぎ女に見覚えがあるな。」と閻魔大王は言った。

つづく。

[タグ未指定]
[ 2012/02/18 10:00 ] うさぎ女と地獄行き | TB(-) | CM(2)
カウンタ*
profile*

彩月(あやつき)

Author:彩月(あやつき)
新宿SMクラブ【ラシオラ】に
所属しているドミナです。

※このブログは、風俗店(SMクラブ)のページです。セクシュアルな表現および暴力的、グロテスクな表現を含みます。18歳未満の方はご覧いただけません。



すきな人・もの:
塚本邦雄(歌人)、高村光太郎(小説家)、太宰治(小説家)、月岡芳年(浮世絵師)、鏑木清方(浮世絵師)、曾我蕭白(浮世絵師)、棟方志功(板画家)、手塚治虫(漫画家)、シェル・シルヴァスタイン(絵本作家)、近松門左衛門(浄瑠璃・歌舞伎狂言作者)、老子(中国哲学者)、南方熊楠(生物学者)、フジコ・へミング(ピアニスト)、芥川龍之介(小説家)、江戸川乱歩(小説家)、クロード・アシル・ドビュッシー(ピアニスト)、グスタフ・クリムト(画家)、ジャン・ニコラ・アルチュール・ランボー(詩人)、カート・ドナルド・コバーン(ミュージシャン)、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(詩人)、荒木経惟(写真家)、シャルル・マルタン・エミール・ガレ(ガラス工芸家)、ルドルフ・シュタイナー(神秘思想家)、フレディ・マーキュリー(ミュージシャン)、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(作曲家)、The back horn(ロック・JPN)、人間椅子(ロック・JPN)、Metallica(スラッシュメタル・USA)、西村博之(実業家)。レスリー・キー(写真家)。津田大介(ジャーナリスト)。宮崎哲弥(評論家)。ほりえもん(実業家)。加藤諦三(社会学者)。爆笑問題(芸人)。にんにく。キムチ。わさび。酒盗。チャンジャ。くさや。バルサミコ酢。うに。辛口シャンパン。めんたいこ。


セッションのご予約はこちらへ↓
03-6380-6568



☆毎週(木・土・日)

☆受付時間
15時~21時最終受付け

☆お友達リンク☆

足フェチサイトまたたび


日本最強のSMランキング

SM経験者が語る無料情報サイト


Mちゃんねる


SUKEBAN KICK


マゾヒズムに花束を!


和ルイ子さんのブログ
abana.gif


当サイトのバナー
abana.gif

リンクフリーです。
バナーはダウンロードでご使用
お願いします。

SMブログアクセスランキング*
[ジャンルランキング]
アダルト
1718位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
45位
アクセスランキングを見る>>


カテゴリ*
ボクは 生きていたかった*
もばいる「正述心緒」*
QR