FC2ブログ

痴女通信アネックス~変態男にかしこ~

「痴女通信アネックス」ということで、【マゾヒズムに花束を!】のhomerさんが
記事を書いてくださっています。

私も便乗して前回のつづきを書いてみたいと思います。

前回の記事に関しての反響はとくにありませんでしたが
コメントなどを拝見して私が思ったのは、

人間は目にみえるものを大切にするのだな

ということです。

私は「痴女は男の持つ幻想である」。
ということを述べさせていただきましたが、「いない」と断言したかったのではなくて
「いない」ことを前提としていたほうが「希少性があるのだ」ということを
言いたかったのです。

みなさんは、どこにでもいるような女に興奮するんですか?

興奮なんてしないと思います。
どこにでもいるような女は自分の身近にいて、自宅でご飯を作って
みなさんを待っているでしょう。
「安心する女」と「興奮する女」は違います。
「安心する女」は家に置いておいて、

どこにもいない女で、興奮する。
それが一番いい。

そして、そんな淫らなことが全く想像できない
しとやかで上品な女がやるからこそ興奮するのです。

それが、痴女を定義するうえでのポイントかと思うのですよ。

普段どうしようもなく抑えている欲望を、枷が取れたときに発露する女。

それが「痴女」であると私は思いますね。
「変態性」が含まれないと「痴女」ではないのです。

よくアマゾネスのような女を「痴女」だと言う人がいるのですが、
私はあれはただのアマゾネスで、「痴女」ではないと思いますね。

だって、そこには「ロマンチシズム」がありませんもの。
それは「男の幻想」とも言い換えられる。
「ロマンチシズム」は女のものではなく、男のものだから。



599633448.jpg


それと、ホーマーさんが私のことを

痴女の仮面をかぶった女王様

と表現なさっていましたが、まさにその通りなのです。

「私は痴女はぜったいいる!」と幻想を抱いている男性を、潜在意識では
憎んでいるのだと思います。

「痴女とは、電車の中などで男のチ●ポコをまさぐる女性のことだ!」

と勘違いしている男性が、あどけない少女にエレクトした汚いち●ぽを見せつけたうえ、
それによって彼女にトラウマを植え付けたなら、その少女はかくじつに
痴女を上回るS女になるのですよ。

これ、私のことですがね。

だから私は「痴女の定義」からは外れているのです。
残念ながら。


kekkogirl.jpg


よい日曜日を!

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

[タグ未指定]
[ 2011/10/16 11:00 ] 痴女通信 | TB(-) | CM(10)

痴女通信。(彩月編)

忍さんからバトンをいただきました。

chizyotoha.jpg

「痴女」ですか。

痴女っていうのは、私は男の「幻想」だと思うんですね。
男って誰しも、「女の理想像」みたいなものを持っていたりするでしょう?
それって、ただの「幻想」なのですが。

こう書くとゲンナリされてしまうと思うのですが、男の心をエキサイトさせるだけが
女の役目ではないと思っているんです。
私のような、男心をゲンナリさせる女が一人ぐらいいてもいいでしょう。
それに、「幻想」だと断言したほうが、希少性があるのです。
どこにでもいるのが「痴女」ではないからです。

「痴女」という言葉には、私はある種の「変態性」が含まれるように思います。
彼女の中で「解消できない何か」。
そういう「原動力」となりうるものがあるから、
主導性をもって男性に卑猥行為が出来るしのかもしれません。

それは時として、「男性に強烈な性的トラウマを与える場合がある」かもしれません。
「痴女」は、それを好みます。優越感すら感じます。
「性的に支配した」感じがあるからです。

そして、相手にトラウマを与えるならば、その女性は強度のトラウマを持っている
必要がある。相手にトラウマを与えることによって、自分のトラウマを解消しようという
一種の「執念」なのかもしれません。

それと、よく男性から聞くのは、

どうしたら痴女やS女と出逢えますか?

ってことですが、

はっきり言うと出逢えないと思います。
先ほども言いましたが、「痴女」というのはあくまで「男の幻想」であり
どこにでもいてはいけないし、身近に感じてはいけないタブーなのですから。

それが「痴女」の希少性を高めます。

そして、もっともっと希少性を高めるには、社会がフェミニズムで彩られてはいけないのだ
ということです。

こんな世の中だからこそいいますが、
私は社会的に男尊女卑を望んでいるところがあるんですよ。

それは、人間の性的倒錯を促すものだと思っているからです。
立場が逆だからこそ燃えるのだと思います。

痴女というものはもとを糺せば「大人しく謙虚な大和撫子」なのです。
それも、男の幻想なのかもしれませんが。





次は新人の麗子さんでお願いしたいと思います!
ヨロシクゥー。



[タグ未指定]
[ 2011/10/13 10:00 ] 痴女通信 | TB(-) | CM(7)
カウンタ*
profile*

彩月(あやつき)

Author:彩月(あやつき)
新宿SMクラブ【ラシオラ】に
所属しているドミナです。

※このブログは、風俗店(SMクラブ)のページです。セクシュアルな表現および暴力的、グロテスクな表現を含みます。18歳未満の方はご覧いただけません。



すきな人・もの:
塚本邦雄(歌人)、高村光太郎(小説家)、太宰治(小説家)、月岡芳年(浮世絵師)、鏑木清方(浮世絵師)、曾我蕭白(浮世絵師)、棟方志功(板画家)、手塚治虫(漫画家)、シェル・シルヴァスタイン(絵本作家)、近松門左衛門(浄瑠璃・歌舞伎狂言作者)、老子(中国哲学者)、南方熊楠(生物学者)、フジコ・へミング(ピアニスト)、芥川龍之介(小説家)、江戸川乱歩(小説家)、クロード・アシル・ドビュッシー(ピアニスト)、グスタフ・クリムト(画家)、ジャン・ニコラ・アルチュール・ランボー(詩人)、カート・ドナルド・コバーン(ミュージシャン)、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(詩人)、荒木経惟(写真家)、シャルル・マルタン・エミール・ガレ(ガラス工芸家)、ルドルフ・シュタイナー(神秘思想家)、フレディ・マーキュリー(ミュージシャン)、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(作曲家)、The back horn(ロック・JPN)、人間椅子(ロック・JPN)、Metallica(スラッシュメタル・USA)、西村博之(実業家)。レスリー・キー(写真家)。津田大介(ジャーナリスト)。宮崎哲弥(評論家)。ほりえもん(実業家)。加藤諦三(社会学者)。爆笑問題(芸人)。にんにく。キムチ。わさび。酒盗。チャンジャ。くさや。バルサミコ酢。うに。辛口シャンパン。めんたいこ。


セッションのご予約はこちらへ↓
03-6380-6568



☆毎週(木・土・日)

☆受付時間
15時~21時最終受付け

☆お友達リンク☆

足フェチサイトまたたび


日本最強のSMランキング

SM経験者が語る無料情報サイト


Mちゃんねる


SUKEBAN KICK


マゾヒズムに花束を!


和ルイ子さんのブログ
abana.gif


当サイトのバナー
abana.gif

リンクフリーです。
バナーはダウンロードでご使用
お願いします。

SMブログアクセスランキング*
[ジャンルランキング]
アダルト
1718位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
45位
アクセスランキングを見る>>


カテゴリ*
ボクは 生きていたかった*
もばいる「正述心緒」*
QR