FC2ブログ
カテゴリー  [ 悪魔のようなプロパガンダ ]

悪魔のようなプロパガンダ。

男はその女に対してむしょうに腹が立っている。彼女はそれを白だと思えば、
たとえそれが黒であっても白だと強引に納得させようとする女なのだ。そのくせ
彼女が言うことときたら気分次第ですぐに変わってしまう。
それも明後日の方向に。それから感情的であり喜怒哀楽が激しい。
男癖は悪く飽きれば何食わぬ顔で次々に男を変えている。
嘘をつくことなんてへっちゃらだ。しかし、嘘をつくなんてトンデモナイ、といったような
しおらしい顔つきでいつも男をあしらっている。
それから独占欲が強く嫉妬深い。男の浮気を勘ぐれば、証拠をつかもうとゴミまで漁る。
なんという狂気の沙汰。まわりくどい愛情表現。すぐに別れを切りだすのは男の愛情を
計るためなのだと、泣きながら縋りついてくる始末。彼女にはほとほと愛想が尽きた。
男は彼女が、何も喋らぬ人形にでもなってしまえばいいとさえ思う。
そう思うが、彼女の顔を見れば光輝くようにうつくしく男の性欲をそそるのだ。
それは、恐ろしいほどに。

こんな悪魔のような女を選んだのは誰だ?俺だ。俺が自ら望んだのだ。

引きさがることも進むこともできず、男は頭を抱える。しかしその時フト、ある文豪の逸話が
脳裏をよぎる。夏目漱石は「I Love You」を「月が綺麗ですね」と訳したとされる。
女はそうだ、月なのだ。女は愛しているなどと、口が裂けても言わないのだ。
全く違うことを言って男をはぐらかす。そんな不浄ないきものなのだ。
女の“どす黒い本性”を知れ。feminism なんぞくそを食らえ。男はそう自分に言い聞かせるが、
その晩もあっけなく女の足元にひざまづくのである。どうにもならない身体を震わせ、ときおり
涙をにじませながら。その様子をみるなり彼女はさも面白げに声を立てて笑う。男の肝っ玉を
握っているのは、他ならぬ彼女なのだ。そうして、彼女は何食わぬ顔で男にこう囁く。
「今晩は月が綺麗ですわね。」




A Y.M.O. FILM PROPAGANDA 1984



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


[タグ未指定]
[ 2013/08/02 07:00 ] 悪魔のようなプロパガンダ | TB(-) | CM(8)
カウンタ*
profile*

彩月(あやつき)

Author:彩月(あやつき)
新宿SMクラブ【ラシオラ】に
所属しているドミナです。

※このブログは、風俗店(SMクラブ)のページです。セクシュアルな表現および暴力的、グロテスクな表現を含みます。18歳未満の方はご覧いただけません。



すきな人・もの:
塚本邦雄(歌人)、高村光太郎(小説家)、太宰治(小説家)、月岡芳年(浮世絵師)、鏑木清方(浮世絵師)、曾我蕭白(浮世絵師)、棟方志功(板画家)、手塚治虫(漫画家)、シェル・シルヴァスタイン(絵本作家)、近松門左衛門(浄瑠璃・歌舞伎狂言作者)、老子(中国哲学者)、南方熊楠(生物学者)、フジコ・へミング(ピアニスト)、芥川龍之介(小説家)、江戸川乱歩(小説家)、クロード・アシル・ドビュッシー(ピアニスト)、グスタフ・クリムト(画家)、ジャン・ニコラ・アルチュール・ランボー(詩人)、カート・ドナルド・コバーン(ミュージシャン)、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(詩人)、荒木経惟(写真家)、シャルル・マルタン・エミール・ガレ(ガラス工芸家)、ルドルフ・シュタイナー(神秘思想家)、フレディ・マーキュリー(ミュージシャン)、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(作曲家)、The back horn(ロック・JPN)、人間椅子(ロック・JPN)、Metallica(スラッシュメタル・USA)、西村博之(実業家)。レスリー・キー(写真家)。津田大介(ジャーナリスト)。宮崎哲弥(評論家)。ほりえもん(実業家)。加藤諦三(社会学者)。爆笑問題(芸人)。にんにく。キムチ。わさび。酒盗。チャンジャ。くさや。バルサミコ酢。うに。辛口シャンパン。めんたいこ。


セッションのご予約はこちらへ↓
03-6380-6568



☆毎週(木・土・日)

☆受付時間
15時~21時最終受付け

☆お友達リンク☆

足フェチサイトまたたび


日本最強のSMランキング

SM経験者が語る無料情報サイト


Mちゃんねる


SUKEBAN KICK


マゾヒズムに花束を!


和ルイ子さんのブログ
abana.gif


当サイトのバナー
abana.gif

リンクフリーです。
バナーはダウンロードでご使用
お願いします。

SMブログアクセスランキング*
[ジャンルランキング]
アダルト
3230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
116位
アクセスランキングを見る>>


カテゴリ*
ボクは 生きていたかった*
もばいる「正述心緒」*
QR