FC2ブログ
カテゴリー  [ SM的永劫回帰 ]

SM的永劫回帰。

sub1.jpg

永劫回帰は生への強い肯定の思想であると同時に、
「一回性の連続」という概念を念頭に置かねばならない。
つまり、転生思想のように前世→現世→来世と“生まれ変わる”ものでは決して無く、
人生とはカセットテープのように、仮に生まれ変わったとしても
“その年その時その瞬間まで、まったく同じで再び繰り返す”というものである。

仮に2012年8月に、あなたは唐草模様の服を着てセカンドバッグを持ち、
茶色のズボンを履いて14:45に新宿駅で女王様と待ち合わせして、
「A」というホテルに行き、裸で逆さ吊りにされ鞭での拷問を受けながら
「のろまな豚!」と罵られる。そしてプレーが終わったあとに麻布の「S」という店で
女王様と何事もなかったかのようにゲラゲラ笑いながら、
鰻の肝焼きとビールで乾杯していたとしよう。

命尽きて生まれ変わっていたとしても、

2012年8月に、あなたは唐草模様の服を着て黒いセカンドバッグを持ち、
茶色のズボンを履いて14:45に新宿駅で女王様と待ち合わせして、
「A」というホテルに行き、裸で逆さ吊りにされ鞭での拷問を受けながら
「のろまな豚!」と罵られる。そしてプレーが終わったあとに麻布の「S」という店で
女王様と何事もなかったかのようにゲラゲラ笑いながら、
鰻の肝焼きとビールで乾杯していている。

リセットしてカセットテープを巻き戻しただけの状態になる。
これが「一回性の連続」である。それを永遠に繰り返す。
故に、己の人生に「否」(いな)と言わず、「然り」(しかり)と言う為、
強い人生への肯定が必要なのである。

ツァラトストラは自ら育てた闇に食われて死して逝く幻影を見る。
最高へは常に最深から。超人は神々の黄昏に力強く現れる。
闇を知り、闇を破し、死してなお生への強い「然り」を繰り返す。


今、ここにある瞬間の己に強く頷く態度、それこそが超人への道であり、
永劫回帰の根幹である。
(Wikipediaより抜粋・一部書き換え)

sub2.jpg
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

[タグ未指定]
[ 2012/08/22 10:00 ] SM的永劫回帰 | TB(-) | CM(9)
カウンタ*
profile*

彩月(あやつき)

Author:彩月(あやつき)
新宿SMクラブ【ラシオラ】に
所属しているドミナです。

※このブログは、風俗店(SMクラブ)のページです。セクシュアルな表現および暴力的、グロテスクな表現を含みます。18歳未満の方はご覧いただけません。



すきな人・もの:
塚本邦雄(歌人)、高村光太郎(小説家)、太宰治(小説家)、月岡芳年(浮世絵師)、鏑木清方(浮世絵師)、曾我蕭白(浮世絵師)、棟方志功(板画家)、手塚治虫(漫画家)、シェル・シルヴァスタイン(絵本作家)、近松門左衛門(浄瑠璃・歌舞伎狂言作者)、老子(中国哲学者)、南方熊楠(生物学者)、フジコ・へミング(ピアニスト)、芥川龍之介(小説家)、江戸川乱歩(小説家)、クロード・アシル・ドビュッシー(ピアニスト)、グスタフ・クリムト(画家)、ジャン・ニコラ・アルチュール・ランボー(詩人)、カート・ドナルド・コバーン(ミュージシャン)、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(詩人)、荒木経惟(写真家)、シャルル・マルタン・エミール・ガレ(ガラス工芸家)、ルドルフ・シュタイナー(神秘思想家)、フレディ・マーキュリー(ミュージシャン)、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(作曲家)、The back horn(ロック・JPN)、人間椅子(ロック・JPN)、Metallica(スラッシュメタル・USA)、西村博之(実業家)。レスリー・キー(写真家)。津田大介(ジャーナリスト)。宮崎哲弥(評論家)。ほりえもん(実業家)。加藤諦三(社会学者)。爆笑問題(芸人)。にんにく。キムチ。わさび。酒盗。チャンジャ。くさや。バルサミコ酢。うに。辛口シャンパン。めんたいこ。


セッションのご予約はこちらへ↓
03-6380-6568



☆毎週(木・土・日)

☆受付時間
15時~21時最終受付け

☆お友達リンク☆

足フェチサイトまたたび


日本最強のSMランキング

SM経験者が語る無料情報サイト


Mちゃんねる


SUKEBAN KICK


マゾヒズムに花束を!


和ルイ子さんのブログ
abana.gif


当サイトのバナー
abana.gif

リンクフリーです。
バナーはダウンロードでご使用
お願いします。

SMブログアクセスランキング*
[ジャンルランキング]
アダルト
1718位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
45位
アクセスランキングを見る>>


カテゴリ*
ボクは 生きていたかった*
もばいる「正述心緒」*
QR